弁護士に相談しましょう

債務整理の中でも任意整理と言うのは基本的に借金自体がなくなるわけではなく、利息をカットしてもらえるようお願いして、無理のない計画的な返済を始めるための良い方法です。一方自己破産の場合は借金自体がなくなりますが、任意整理と比べると持ち家や所有物に関して多くの制限がありますので、なるべく自己破産はしたくないと考える人も多いです。しかし現実的に見て任意整理よりも自己破産のほうが早く状況を立て直せるケースもあるので、弁護士のアドバイスのもと冷静に状況判断したいものです。

債務整理債務整理をするとある程度の期間クレジットカードが作れなかったり、他のローンを組めなかったりするため、任意整理ですらためらう人がいますが、債務整理が必要なほどの状況に陥っているのであれば、どの道しばらくは借金が出来ない状態にしたほうが自分のためになるかもしれません。とはいえ状況や事情は人様々なので、どんな債務整理の仕方がベストなのか自分で決め付けるよりも弁護士に相談しながら決めることをお勧めいたします。間違っても闇金など違法な貸金業者に頼ったり、無茶な投資方法やギャンブルで一発逆転を狙うのではなく、適正な方法で借金解決を目指すようにしましょう。

関連サイト|https://www.adire.jp/
借金相談を行っている“アディーレ法律事務所”です。